>>マツダ全然上がらない。何が悪いのでしょうか?

>>マツダ全然上がらない。何が悪いのでしょうか?

マジレスするね。
一番の原因(最終的な原因)は市場参加者の心理が冷えている事。

なぜ冷えているかというといくつも原因があるが
その中で一番大きいのはトランプの貿易戦争。
マツダの輸出比率が8割と高く影響を受けやすい。

マツダの長期生産・販売戦略とも相性が悪い。
マツダは市場規模・利幅の大きいアメリカ市場をターゲットにして
・2017年にメキシコ工場稼働開始
アメリカの販売網に今後多額の投資
行ってきたが、それが昨今のトランプの戦略で裏目になってしまった。

中期的にはこの影響が投資家心理に対する大きく底が見えない。

一方、情報をもう少し詳しく分析すると
・メキシコ⇒米国への数量規制は250万台。現状170万台なので今のまま増加したとしても4,5年かかる。それまでに対応は可能なはず。
SUVの関税は25%だが、一般の車は2.5%しかない。鋼材や人件費増の影響で米国内の生産原価も増加する予測はつくので一般車に関しては大勢に影響が出ない可能性が高い。

などの理解が市場に広まればトレンドは逆転してくるだろう。

アメリカの中間選挙11/6までは少なくとも無理だろうけどね。
マツダの新車(新技術)投入が始まる来年からかな。 
 技術戦略は問題が見当たらないけど経営に与えるインパクトは長期的な
ものだし、他にもいろいろ要因があるからね。

#米国の消費者が結局高い車を買わされるだけだが、失業率の低水準推移、
#平均賃金の上昇に転じた米国国内状況からすれば結果論的には
#問題が出ない可能性。この部分ではトランプの戦略はあたりかな。
#そこまで考えて行動しているのかは不明だけど優秀なビジネスマンだからね。

---------------------株式投資------------------------------

マツダ株の推移は8/1に戻り高値の1394.5円をつけた後、9/7の1232円までほぼ一本調子で下げてきている。あまりにも急なので中期的な下げトレンドは変わらないにしてもこの辺りで戻りがあるとみて、先週中に売ポジションを整理、今週買いポジションにドテンした。
ここ数日ジリ上がりだが、明日からどう動くか。

 

2018年8月28日 1,309
2018年8月29日 1,303.50
2018年8月30日 1,290
2018年9月3日   1,271.5 1-0
2018年9月4日 1259.0 2-0
2018年9月5日   1244       3-0
2018年9月7日   1232       0-0
2018年9月10日 1235       0-1
2018年9月11日  1235.5   0-2
2018年9月12日  1238      0-3