マツダは年間利益予想を達成できるか。

マツダがようやく7月豪雨についてのリリースを出した。
生産等への影響について
当社は、平成30年7月豪雨の影響により操業を一時的に休止したことや、再開後も、地域の復旧・復興を最優先とするため、交通網等への負荷に配慮して生産量を抑えた操業体制としたことから、当初計画より生産台数は、車両44千台、海外生産用部品23千台の減少となりました。
現時点での生産台数の減少による業績への影響(営業利益)につきましては、概算で約280億円の損失となる見通しです。
今後引き続き、今期の生産・出荷計画の精査、見直しを進めてまいります。

 

マツダの「2019年3月期 第1四半期 決算説明会」によれば1Qの経常利益424億円が確定した時点での会社予想の年間の経常利益1300億円。Qあたり100億の上振れ。このまま推移すれば280億の損失は吸収できることになるが、経常利益は達成できるのか。

 

マツダが年間の経常利益を達成するかどうかの疑問点としては3つ。
マツダ自体は各Qでの経常利益をどう設定しているのか。
②為替動向
③米国との貿易摩擦

①に関しては1Qの利益が織り込み済みで2Q以降が減少するという予想なのか、単に保守的に年間予想を見直さなかったのか。昨年度の実績は各Qで右肩上がりでしたが。

②に関してはマツダの為替予想が107円/$。現状が112.5円なのでこのまま推移すれば営業利益を押し上げる。足元さらに円安予想もある。
一方、不安点としてはアメリカの政策金利の動向とトランプの動向。
 今、米国失業率低位安定、賃金の上昇により、市場はある程度利上げすることを織り込んでいるようであるが、短期金利長期金利に肉薄しており逆転する(逆イールド)になりかけている。
逆イールドになると一年ほどで不況になるというのが過去繰り返されている。
もし、利上げが見送られれば市場は裏切られ円高に振れる。
 トランプは超金融緩和による円安を問題視しており、二国間交渉に
「為替条項」を組み入れることを主張する可能性が高い。
円安を問題視している米国内自動車業界の要望だそうだ。
マツダSUBARUと並んで輸出比率が50%を超えているので為替の影響をもろに受ける。

③1Qの営業利益が増加した要因は米国内の売り上げ回復が想定より高くなったからだそうだ。
また米国市場の売り上げ予想は今期より10%増えることを想定している。
販売網の改善に多額の投資もマツダはしている。
11月の中間選挙に向けてトランプが目に見える成果を日本に対して要求するかどうか。

マツダの予想が実現するかどうかはアメリカ市場での成果で大きくぶれます。


ここ数日の株価の終値の動きで上値抵抗線を突破しました。今回の会社発表を市場がどう評価するか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20日に新規に空売りを1枚入れました。

終値の推移は下図のように完全に上値抵抗線を突破しました。

わーい、損切ですね。初めての経験w

三回目の取引は1枚のみで損切で終わりたいと思います。
押しを見つけながら難平三分の一で買いに入りたいと思います。

f:id:Jagd-panther:20180921211804g:plain



#下記は終値です。狩りをする豹は寄付きを成行で売買するので
#実際の売買価格とは異なります。
#売買の判断は終値でしますので終値で。
2018年8月28日 1,309
2018年8月29日 1,303.50
2018年8月30日 1,290
2018年9月3日 1,271.5         1-0
2018年9月4日 1,259.0  2-0
2018年9月5日 1,244             3-0
2018年9月7日   1,232           0-0
2018年9月10日 1,235           0-1
2018年9月11日 1,235.5        0-2
2018年9月12日 1,238           0-3
2018年9月13日 1,263.0
2018年9月14日 1,287.0        0-2
2018年9月18日 1,310.0        0-1
2018年9月19日 1,322.5        0-0
2018年9月20日 1,334.0        1-0
2018年9月21日 1,359

マツダどころかすべてを吹き飛ばす爆弾?

数少ない読者の皆様(笑)

今日はとんでもない爆弾(かもしれない)を見つけてしまいました。

このグラフです。

f:id:Jagd-panther:20180920075523p:plain

中国潰しか トランプが仕掛けた米中貿易戦争 中国輸出品28兆円相当に25%制裁関税へ(木村正人) - 個人 - Yahoo!ニュース

これは各国の実効為替レートを2010年を100としたときの推移です。

 アメリカは22%程度高くなっています。トランプが為替操作をしていると攻撃を加えている中国は実は18%程上昇しており、2010年度比較では実はあまり元安にはなっていないのです。もともと中国が元を安く誘導していたということはあるかもしれませんが。
一方、日本は75%まで切り下がっています。つまり四分の一も円安に振れているのです。主に超金融緩和が継続していることも一因になっているようです。
 一方トランプは日本に対して貿易赤字削減(国別で第三位)の圧力を加え始めていることはご存知のことでしょうが、自動車の数量規制や農作物に隠れてしまっていますが、為替条項も含まれています。
「隠れた劇薬は通貨安誘導を阻止する『為替条項』だ。円安による日本車輸出攻勢を警戒する米自動車メーカーは政権に対日交渉でも為替条項の導入を協議するよう求めている。円相場に左右されやすい日本経済が為替政策の自由度を失えばリスクは大きい」日経20180909

 このデータをもとに25%あるいは45%の円切り上げを要求されれば壊滅的な打撃を受けます。我がマツダは輸出比率が高いので他のメーカよりも為替の影響が大きい。過去75.5円/$まで円が上昇した過去もありましたからね。

**********株式投資*********

 今月頭から株式投資をはじめて昨日の時点で30,197円のプラス。

金額的には笑っちゃうくらい少ないですが、動かしているお金が40万程度なので利率としては8%。毎月こんな運用ができれば一年後には倍以上になる(笑)。こんな取らぬ狸をしていると相場感覚がわるくなるんですけどね。

さて予定通り本日寄付きで空売りを1枚いれました。1,336円。これで難平三分の一の3回目のスタートです。終値も1,334円。相変わらず上昇スピードが高い。まあ、昨日の時点でもまだ勢いが落ちていないと指摘していたように想定内ですが。
明日も寄付きで1枚、売りを入れます。上値抵抗線を首一つ抜けた形ですがどうなるか。

 

f:id:Jagd-panther:20180920162812g:plain

#下記は終値です。狩りをする豹は寄付きを成行で売買するので
#実際の売買価格とは異なります。
#売買の判断は終値でしますので終値で。
2018年8月28日 1,309
2018年8月29日 1,303.50
2018年8月30日 1,290
2018年9月3日 1,271.5         1-0
2018年9月4日 1,259.0  2-0
2018年9月5日 1,244             3-0
2018年9月7日   1,232           0-0
2018年9月10日 1,235           0-1
2018年9月11日 1,235.5        0-2
2018年9月12日 1,238           0-3
2018年9月13日 1,263.0
2018年9月14日 1,287.0        0-2
2018年9月18日 1,310.0        0-1
2018年9月19日 1,322.5        0-0
2018年9月20日 1,334.0        1-0

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダは上値抵抗線を超えられるのかw

 ブログの書き込みが遅れてしまって申し訳ありませんでした。


 マツダの株価推移を見ていきましょう9/5の1244円を底に怒涛の
7連騰して本日は1322.5円(終値)。
マツダ保有の人は胸をなでおろしていることと思います。


これが何を意味しているのか。チャートで見ていきましょう。

 

Yhooのチャートだと6カ月期間くらいが見やすいですが、4/26の戻り高値1,525円をピークに右下下がりにきれいにうねりを描いています。
4/26 1,525円
5/22 1,486.5円
8/1  1,394.5円
のピークをつないだ上値抵抗線からすると今日の終値はその付近になります。
この上値抵抗線を突破してトレンドが逆転するのか、ここで勢いが止まりトレンドが継続するのか、ここ数日が山ですし腕が試されます。

f:id:Jagd-panther:20180919153217g:plain

           図 マツダ終値推移

---------------------株式投資------------------------------

(私の今日の売買譜は末尾に)
 難平買いが終了したとたんに上げてきましたので一日置いて売り始めました。今回は上げに勢いがあったので分割して売り上がりました。本日の寄付きで買いポジションを解消しました。
 株をやっている人からすれば鼻で笑われる金額ですが利確。まあ、20年ぶりくらいの株再開なので修行中の身ですから^^

 

 立花さんの教えの通り〇の状態。


 利が乗っている時もいいですが、〇の状態も平静に場を見られるので心地よいです。

 さて明日からどうするか、ですが。

 チャートで見た状況は前述のとおりです。今日は陰線ですが、まだまだ場には勢いがありそうなのでトレンドは変わらないまでももう少し上がりそうな気はします。
 ですが、あえて空売りの試し玉を入れるつもりです。含み損を抱えている人には嫌味に聞こえるかもしれませんが、損切の練習もしたいので。
 正直損切の基準、やり方に関してまだはっきりした方針、手法がありません。一発買いの人は逆行10%とかチャートの反転基準などを設けているようですが、試行しているのはうねり取りなので分割売買の場合はどうなるか。
 玉数をなくす、減らすの他に反対玉を立ててつなぎにするという手法もありますから。

私の師匠の立花さんも具体的な基準は記述していません。 

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

 

 立花さんが30年の投資生活で得たコツはP354にありますが

『・自分なりの売買をしてゆく
 (自分に合った肩を基準にして売買する)

 ・分割売買をする
 (試し玉を活用するしないにかかわらず分割する)

 ・ゼロを作る
 (区切りをつける、不利な玉を切るの二つ)』

 頻繁にゼロを作る⇒早めに損切りしなさい、ということで後はスキル=感覚を得なさいということなのかもしれません。

  当面は「難平三分の一」の練習を続けていきます。


#下記は終値です。狩りをする豹は寄付きを成行で売買するので
#実際の売買価格とは異なります。
#売買の判断は終値でしますので終値で。
2018年8月28日 1,309
2018年8月29日 1,303.50
2018年8月30日 1,290
2018年9月3日 1,271.5         1-0
2018年9月4日 1,259.0  2-0
2018年9月5日 1,244             3-0
2018年9月7日   1,232           0-0
2018年9月10日 1,235           0-1
2018年9月11日 1,235.5        0-2
2018年9月12日 1,238           0-3
2018年9月13日 1,263.0
2018年9月14日 1,287.0        0-2
2018年9月18日 1,310.0        0-1
2018年9月19日 1,322.5        0-0

>>マツダ全然上がらない。何が悪いのでしょうか?

>>マツダ全然上がらない。何が悪いのでしょうか?

マジレスするね。
一番の原因(最終的な原因)は市場参加者の心理が冷えている事。

なぜ冷えているかというといくつも原因があるが
その中で一番大きいのはトランプの貿易戦争。
マツダの輸出比率が8割と高く影響を受けやすい。

マツダの長期生産・販売戦略とも相性が悪い。
マツダは市場規模・利幅の大きいアメリカ市場をターゲットにして
・2017年にメキシコ工場稼働開始
アメリカの販売網に今後多額の投資
行ってきたが、それが昨今のトランプの戦略で裏目になってしまった。

中期的にはこの影響が投資家心理に対する大きく底が見えない。

一方、情報をもう少し詳しく分析すると
・メキシコ⇒米国への数量規制は250万台。現状170万台なので今のまま増加したとしても4,5年かかる。それまでに対応は可能なはず。
SUVの関税は25%だが、一般の車は2.5%しかない。鋼材や人件費増の影響で米国内の生産原価も増加する予測はつくので一般車に関しては大勢に影響が出ない可能性が高い。

などの理解が市場に広まればトレンドは逆転してくるだろう。

アメリカの中間選挙11/6までは少なくとも無理だろうけどね。
マツダの新車(新技術)投入が始まる来年からかな。 
 技術戦略は問題が見当たらないけど経営に与えるインパクトは長期的な
ものだし、他にもいろいろ要因があるからね。

#米国の消費者が結局高い車を買わされるだけだが、失業率の低水準推移、
#平均賃金の上昇に転じた米国国内状況からすれば結果論的には
#問題が出ない可能性。この部分ではトランプの戦略はあたりかな。
#そこまで考えて行動しているのかは不明だけど優秀なビジネスマンだからね。

---------------------株式投資------------------------------

マツダ株の推移は8/1に戻り高値の1394.5円をつけた後、9/7の1232円までほぼ一本調子で下げてきている。あまりにも急なので中期的な下げトレンドは変わらないにしてもこの辺りで戻りがあるとみて、先週中に売ポジションを整理、今週買いポジションにドテンした。
ここ数日ジリ上がりだが、明日からどう動くか。

 

2018年8月28日 1,309
2018年8月29日 1,303.50
2018年8月30日 1,290
2018年9月3日   1,271.5 1-0
2018年9月4日 1259.0 2-0
2018年9月5日   1244       3-0
2018年9月7日   1232       0-0
2018年9月10日 1235       0-1
2018年9月11日  1235.5   0-2
2018年9月12日  1238      0-3

 

マツダの株価の下落は生産量が落ちたのも大きな原因。

 

 他の重要な要因は最近のトランプの経済政策が大きく影響していると考えられる。

アメリカビジネスを拡大するために米国販売ネットワーク改革への多額の投資をしているのにトランプが貿易戦争を仕掛けたのが大きい。米国への輸出量が今年にはいって急拡大したのに冷水を浴びせる状況になってきている。もともと輸出比率5割以上のため為替の影響を他の日本メーカより受ける体質の上、米国への主義政策出拠点にメキシコを設定しているからね、さらに間の悪いことに。

 

 それと、逆イールドを恐れて米国金利の上昇がこれ以上は止まる見込みが大

  ⇒円ドル相場が今後円高に振れる恐れが高い。

足元いい材料が見当たらない。

逆イールド:長期金利短期金利を下回る状態。このよう体が出現した後、1年後くらいに景気が低迷する事例が米国で観察される。長期金利が高くなると巨大化した年金が長期国債に買いを入れるので長期金利が高くならない状況が続いている。

 

 トランプの保護主義政策をどこまで予測できたか、は厳しいし、対米戦略の骨子はトランプ登場前に策定しているはず(メキシコの工場の稼働は2014年)だから経営陣の落度というのも。まあ、買っていた人たちにはたまったもんではないと思うど。トランプが気にしているアメリカでの中間選挙11月初旬までの下げはすくなくとも覚悟すべきかも。 来年3月には新型Activeが売上に貢献するだろうからそのころにはトレンドは反転するかもしれない。それと11月までの時間的制限で日本に対しての交渉は実施されないのではないかとの見方もある。カナダとの関係がいまギクシャクしているから。米国―カナダ間では材料から完成品までのプロセスで何度も国境を超えるため相互に関税をかけ始めるとアメリカメーカも含めて大打撃をこうむるのでどこかで手を打つはずであるが、その対応が必要だから選挙に直接関係のない日本向けに注力する余裕がないとの見方。

 

 中長期的にはマツダの技術戦略が生きてくる。何らかのエンジンを積んだ車(EV、燃料電池車を除いた)販売数量のピークは2035年と予想されている。なので内燃機関に開発資源を集中して他社にない技術を持つマツダは10年以上その利点を武器にEV等関連は先行する他社と優位なアライアンスを結べるはず。(よそ様はみなEV等に重点を置いているのでアライアンス先は選択できるはず)プラグインハイブリッドまでは何らかの内燃機関を搭載する必要があるからだ。ロータリーエンジンは小型軽量化できるためレンジエクステンダーとしてEVに搭載されるかもしれない。ただしh燃焼室の形状が薄いので燃焼効率を上げる技術革新が必要になってくるが、当然マツダの技術陣は開発を行っているんではないかな。

 

 個人的にはマツダは大好きなメーカー(一番初めに購入した車はマツダのカペラ)だし、技術的には技術戦略ふくめて素晴らしいのでぜひ復活してもらいたい。屋台骨が揺らぐほどのダメージだと技術目当てに中国あたりがちょっかいを出してくるのではないかと危惧もする。

 

以上を総括すると株式投資方針としては弱含みで当面は売り。買いからはいるのは将来的にどこかの時点で底を見つけてから。

ただ、すでにブログに書いておいたように10年以上のブランクがあるので今は「ナンピン1/3」の練習中なので

・単位株売買

・最大で3単位まで

・できるだけ早く手じまいして0にする。

を基本で進めていきます。

 

2018年8月28日 1,309
2018年8月29日 1,303.50
2018年8月30日 1,290
2018年9月3日   1,271.5 0-1
2018年9月4日 1259.0 0-2

明日もまた成り行きで1単位で追加で売りを入れます。これで規定の3単位になりますので買い戻しのタイミングを探ります。

 

今後ブログに書く内容

本ブログに書きたい内容をとりあえずまとめてみた。このブログは本来自分の考え方の整理のためなので興味のあるところ、やりたいところの視点である。思い付きの順なので実際に各順番は異なりますし随時入れ解をしていくと思います。

ブログに書く内容
・道具立て 場帖 玉帖 グラフ 資料 
・分割売買
・つなぎの意味
・スキル
・林輝太郎氏の思いで
・専門について(銘柄、分野)
・資料の整理の仕方
・読んでいる本について
チャーティストであることの理由
・「徒弟制度」の姿、意味
ナンピン三分の一、乗せは三分の一、ツナギは三分の一
マツダを選んだ理由

マツダをさらに1単位売り注文をだしました。

マツダをさらに1単位売り注文をだしました。

2018年8月28日 1,309


2018年8月29日 1,303.50


2018年8月30日 1,290


2018年9月3日 1,271.5 0-1

昨日よりさらに18.5円安
気持ち的にはもっと売りたいんですが、修行中なのでがまんがまん
大幅に下がったので明日の寄付きはおそらく戻すでしょう。
そのあとどういう動きになるか。その動きによりさらに1単位売るか
手仕舞うが判断になります。